IDカードは社員証として勤怠管理や業務端末へのアクセス権限の認証、金融機関が発行するキャッシュカードやクレジットカードでの個人認証など日常生活のあらゆるシーンで利用されています。

当初は磁気カードが主流でしたが、セキュリティ強化の観点からICカードが導入されてスキミングなどの情報の詐取を防ぐ方策が採られています。

ショップカードとはお店の名刺のようなものですが、一度に大量に印刷したい場合には専門店に任せるとリーズナブルになることがあります。

インターネットで「ショップカードの印刷」と打ち込んで検索すると、お店のホームページにたどり着けます。

依頼はオンラインで直接行える上、出来上がりもきれいで早く届けてもらえるので便利です。

名簿とは、主に人名の一覧のことをいい、学校で使われる出席簿や同窓会名簿などがその例です。他には、会社の株主や選挙人の一覧を表すものがあります。個人名とともに住所を記載したものは住所録と呼ばれます。

名簿は様々な集団の中で作成され、活用されます。その活用の仕方も様々で、史料や公文書となるものもあります。